肌にシミが出来る原因と予防の方法

シミは肌の一部分に細胞の色素が集まることで形成されます。年齢や性別に関係無く誰でもシミが出来る可能性がありますが、一般的には新陳代謝が低下して老廃物が体に蓄積されやすくなっている中高年層の人ほどシミが出来やすい傾向があります。また、肌に合わない化粧品を長く使い続けたり、紫外線を浴びる行為もシミの発生に繋がるので注意が必要です。特に敏感肌の人はわずかな刺激でも細胞が変質してシミが形成されやすくなることから、肌の露出を控えると共に保湿クリームなどの薬剤で肌を労わるのがトラブルを避ける工夫になります。その一方で同じシミ対策でも個人の体質で効果に差が出ることから、自身の体に適した方法で行うのが美肌を保つための秘訣です。

シミを綺麗に取り除く方法と健康管理

シミが形成された場合、自然に消えることは殆ど無いので美容外科などの医療機関で治療を受けるのが賢明な対処法になります。シミは細胞内の色素が増えたことで生じるので、対象の部位に薬剤を塗布して状態の改善を図るのが一般的な治療の方法です。部位によっては表皮を切除したうえで移植手術を行うこともありますが、体質によって効果に大きな違いがあることから慎重に判断する必要があります。

シミの除去を成功させるためには医療機関での治療以外に、毎日の暮らしの中にある問題点を解消することも大切なポイントです。紫外線などの強い刺激を避け、肌を傷つけないように気を配るように心がけます。また、肌の潤いを保つ効果があるビタミン類を摂取し、適度な運動で新陳代謝の活性化を促すのも効果的です。

シミとは、紫外線などの刺激によって、本来は肌を守るメラニン色素が過剰に生産され、肌に沈着してしまったものです。ソバカスやホルモンバランスの崩れによる肝斑もその一種です。