ほうれい線はどうしてできてしまうのか?

出来てしまったほうれい線、薄くしたり消したりすることはできるのでしょうか?人によっては20代から出来てしまうほうれい線、日々のケアが大切になってきます。肌の表面に出来た浅いほうれい線の場合、肌の乾燥や表情の癖、顔のむくみが原因の場合がほとんどです。一方、深くできてしまったほうれい線は、肌の筋肉が老化で衰えることによって発生します。顔の筋肉をしっかり動かし血行を良くすることでほうれい線を予防したり目立たなくすることが可能ですのでぜひエクササイズを毎日行いましょう。

舌回しエクササイズでほうれい線を撃退!

ほうれい線に効果がある一番簡単なエクササイズは舌回しです。まず初めに、口を閉じたまま、舌を歯の表面に当ててぐるっと一回りします。左回りに20回回した後は右回りに20回回しましょう。これをワンセットで一日3回行います。舌を口の中で数回回すだけで舌が疲れてきて顔がどんどん温まってくるのを感じるかもしれません。というのも、舌回しエクササイズは顔の血行をよくし代謝を上げることができるんです。ほうれい線を改善するだけでなく、顔の歪みや噛み合わせ、二重あごや口臭予防にも効果があります。さらに舌回しを続けることですっきりとしたフェイスラインも手に入れることができるでしょう。ただ、これは浅いほうれい線には効果がありますが、深いほうれい線にはなかなか効果がでにくいことがあります。深いほうれい線を改善したい場合は栄養バランスの取れた食事や質の高い睡眠、リンパマッサージなども積極的に行いましょう。

歳を重ねるごとに、肌のハリやツヤが下降する傾向にあります。化粧品にはしわを消せる商品が多くあります。