BNLS注射の時代がやってくる?

顔だけ太ったように見える人は、おでこや頬など様々な場所に余分な脂肪がついています。顔の脂肪が原因で、フェイスラインが変化した人の小顔治療に用いられてきたのが、脂肪溶解注射でした。脂肪吸引するほどではないものの、身体の余分な脂肪を取り除きたい人も脂肪溶解注射を受けていますよね。脂肪溶解注射は、卵黄などに含まれるフォスファチジルコリンが主成分です。そのため、効果が出るまでに数日間のタイムラグがあり、薬剤反応で体調不良などが起こる欠点がありました。これらの問題点を解消し、安全性を高めてすぐに効果を実感できるようにしたのが、植物由来成分を使ったBNLS注射なのです。国内では導入されてまだ日が浅いですが、BNLS注射を希望する患者さんがとても多いので、すでに症例が2万件を突破しています。たくさん注射を受けた人がいても、副作用やトラブルの報告例などがないので安心して施術を受けられますね。

具体的にどんな植物を使っているの?

植物の力で気になる脂肪を分解することができると言われても、どんな植物のエキスにそのような効果が秘められているのか、不思議に思う人も多いと思います。BNLS注射で脂肪分解成分として配合されているのは、ヒバマタという海藻の成分です。この他に、大豆やアーモンドなどに含まれているチロシンが、脂肪の代謝を促します。脂肪が再び定着しないで、身体の外へ排出されていくために必要な成分ですね。これらに加えてオキナグサが肌の回復を早めてくれます。

フォトフェイシャルは光を照射して、毛穴やシミなどのトラブルを改善する治療法です。顔全体が明るくなるので、お化粧するのがとても楽しくなります。