薄毛は性別に関係なく、誰でも発生する可能性があります。ただ、年齢による薄毛は女性よりも男性の方が発生しやすいため、抜け毛が増え始めた実感がある場合は早めに対策をスタートさせるべきです。また、既に薄毛になってしまった場合でも諦めることなく、対策をスタートさせた方が回復する可能性はありますし、薄毛化のペースを遅らせることが可能となります。しかし、頭皮はとてもデリケートな部分なので、年齢意外の原因で薄毛が進行していることも考えられます。たとえば、頭皮に合っていないシャンプーを使用していると痒いが発生し、掻くことで刺激を与えて抜けていることがあります。また、力を入れて洗髪することも抜け毛の原因になるので、丁寧に扱う意識を持つべきです。

毛穴に汚れが溜まらないように注意

薄毛が進んでしまう原因の1つに毛穴に汚れが溜まっているというのがあります。正常な状態の毛穴は適度に皮脂がある状態ですが、多過ぎると髪の毛の成長を阻害します。成長が阻害されると成長し辛くなるので細い髪の毛になってしまい、抜けやすくなるので薄毛を招きます。ですから、毛穴に汚れが溜まらないように清潔な状態を保てるように努力が必要です。努力といっても毎日きちんと洗髪していれば、毛穴の汚れを落とすことはできますが、問題となる可能性があるのは洗い方です。毛穴ではなく髪の毛しか洗っていなかったり、シャンプーを付けてから数秒で洗い流したりなどでは毛穴の汚れは十分に落とせていないので、頭皮を優しく丁寧に洗うようにしましょう。

薄毛とは髪が細くなってボリュームがなくなる、抜け毛が増えて毛の密度が少なくなり、頭皮が透けて見えるなどの状態のことを指します。